なぜ女の乳首のほうが敏感なのか?


こんにちは、宮本です。

「なぜ女の乳首のほうが敏感なのか?」
について、考察をしていきます。


初めにお伝えしたいのが
「女のほうが乳首が感じる」
というのは、

あくまで、初期値についての話です。


開発をすることで、男性でも女性のような
”触れただけで声が出るくらい感じる”
くらいの、敏感な乳首を手に入れられます。

世の中には、乳首だけで射精をしたり。
女性型オーガズムを感じる人もいます。


前提条件について


初めに、以下の考察は

初期値(開発していない状態)が
「女のほうが乳首が敏感である」
という前提の元考察をしていきます。

一般的に、
乳首が感じるのは女性と思われます。



例えば、
アダルトビデオのシーンでは。

女性の場合は、乳首を責めただけで
かなり感じているように見えますが。

男性が乳首を責められたときには
そこまで喘ぐようなことはないですよね。


アダルトビデオの影響も大きく
「演技しているからじゃね?」
と、言われてしまうとなんともいえないのですが。

基本的には
女性の方が乳首は敏感というのはあると思います。

女性になったわけではないので
なんとも言えないのですがw


私自身は、
自分で乳首をいじってもそんな感じませんw

女性になめられた時に、
「ちょっと気持ちいいかも?」
と、思うくらいです。


では、以下は
「女性の方が敏感である」という前提の元。

なぜ、女性の方が乳首が敏感なのか?
ということを考察していきます。


なぜ女の乳首のほうが敏感なのか?


前置きが長くなりましたが、
女性の方が乳首が敏感な理由について。

ひとつがホルモンバランスにあると考えられます。


子孫繁栄において、
乳首は男性には必要ない器官ですが。

女性にとっては母乳を与える器官として必要です。

そのため、女性ホルモンの影響で
乳首が敏感になるという理由が考えれます。


しかし、女性ホルモンについては
どの男性でも分泌されています。

そのため、何度もお伝えしていますが。
男性でも女性のような敏感乳首になれます。


「男でも女のような敏感な乳首になれる」
という、事実を後ろ盾する理由として。

「女のクリトリスが敏感」
ということが挙げられます。

女のクリトリス=男のペニスです。

女のクリトリスは
子孫繁栄において、必要ありません。

しかし、男性以上に快感を得られる器官です。


子孫繁栄において、関係のない器官でも。
開発することで、男女問わず同じ快感を得られます。


ただし、チクニーをしすぎる結果
ホルモンバランスの変化がでてくるようです。

そのため、乳首開発の
メリットとデメリットがでてくるので。

その点は、改めて確認してくださいね。


ブラジャーが敏感な乳首を作っている?



女のほうが乳首が敏感な理由として
ブラジャーの影響があると考えられます。

女性の乳首は一日の大半が
ブラジャーによって守られています。

ダボッとしたシャツなんかよりも
ブラジャーをつけることで摩擦から守られます。


男性と比較して、摩擦慣れしていないために
乳首が敏感になっていると考えられます。

もし、究極の乳首を手に入れたい場合は。

ニップレスなどで日頃から
摩擦から乳首を守るのが効果的です。

ただ、ニップレスまではやらなくても。
乳首だけでイケるようになれるので安心して下さい。

夏場だと、ニップレスをつけたりすると
周りにバレないかと心配ですからね。

ドライオーガズム入門

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

管理人 宮本和義

ドライオーガズム達成へのコツをメルマガにて配信しています。

宮本のメルマガ登録はこちら

ブログの管理人



はじめまして

宮本和義です。


あなたは、アダルトビデオをみて。


女が身体を
ビクンビクンさせたり。

シーツを掴んで
激しいオーガズムを感じていたり。

快感を感じている姿をみて、
「女はいいなぁ」
と、思ったことはないでしょうか。

我々、男の快感と言えば。
射精時のちょっとした感覚だけです。


「なんて不公平なのだ」
と、男に生まれたことを恨んだほどです。


しかし、、、

ドライオーガズムを知って
憧れだった女の快楽を知ることになりました。


ドライオーガズム、及びアナニーの素晴らしさを世の中の男性に伝えるがためにブログを開設しました。


プロフィール詳細



ドライオーガズムに関する質問や相談などはこちらのフォームからメールをください。

宮本へのメールはこちら

最近のコメント

    ブログランキング

    応援クリックしてもらえるとやる気が向上します

    ブログランキング

    ブログランキング

    このページの先頭へ