膣内射精障害にならないための正しいオナニーのやり方

膣内射精障害
こんにちは、宮本です。

今回の記事を読むことで
セックスで射精できないまたは中折してしまう

オナニーによる膣内射精障害のリスクを軽減できます。
つまり、セックスの時に恥ずかしい思いをすることがなくなります。


さて、本題に入ります。

オナニーのリスクとして
”膣内射精障害”というものがあります。

膣内射精障害とは、セックスではイケないことです。
つまり、女性の膣では射精ができないことです。


または、早漏というのも
1つの膣内射精障害とも言えます。

早漏の原因が”オナニー”
ということも十分にありえるのです。


さて、女性とのセックスで
恥かしい思いをしないために。

危険なオナニーの例をいくつか挙げていきます。


刺激が強すぎる

膣内射精障害の主な原因は
オナニー時にペニスへの刺激が強いことです。

・ペニスを握る強さが強い
・圧力の強いオナホール
・バイブなどのおもちゃを使う
・床オナニー

基本的に、女性の膣内以上の刺激を
与えてしまうと膣内射精障害のリスクがでます。


正しいオナニーの仕方たとしては
膣ないの圧力以上の刺激は与えないことです。

テンガも女性の膣内よりも強い刺激です。

オナホールのほとんどは
通常の女性の膣よりも強い圧力です。


ただ、あまり弱い圧力だとオナニーが
つまらないということも出てきてしまいます。

膣内射精障害のリスクと快感と
上手に付き合ってオナニーを楽しむことが大切です。


過激なAV


SMなどの過激なAVになれてしまって
通常のセックスだと興奮できない

といったことも、膣内射精障害になる原因です。


ノーマルなセックスでも興奮できるように
過激なAVの観過ぎは控えるようにしましょう。


射精するタイミング


これは早漏になってしまう原因です。

AVを観ている時に射精するタイミングによって
早漏の原因となってしまうことがあります。

それは、”自分の好きなタイミング”で
射精をしてしまうことです。


オナニーでは、自分の好きなタイミングで
抜くのは当然かもしれないのですが。

オナニーが実際のセックスにも影響します。


それは、女性にオーガズムを与えないまま
早く射精してしまうことです。


オナニーのときにも射精するタイミングは
AV女優がオーガズムを迎えるタイミングで
射精するようにして下さい。



膣内射精障害とオナニーについてのまとめ


膣内射精障害のリスクを減らすためには

・強い刺激を与えない
・過激なAVを観ない
・AV女優がイクタイミングで射精する

この3つが重要です。


セックスの時に恥ずかしい思いをしないように
オナニーにも真剣に取り組んでいきたいところですね。