【保存版】アナル拡張のやり方 痛みなく安全に広げるには?

【保存版】アナル拡張のやり方 痛みなく安全に広げるには?

こんにちは、宮本です。

正しいアナル拡張のやり方について解説をしていきます。


アナル拡張を行うことで。

例えば、あなたがドライオーガズムを
経験したことがなければ。

ドライオーガズムでイキやすくなります。


ドライオーガズムでイケない原因のひとつに。
アナルへの”異物感”というものがあります。

例えば、アネロスがキツく感じている場合には
アナルが緊張してしまってイケなくなります。

ドライオーガズムでは、
肛門括約筋も弛緩(リラックス)させる必要があります。


また、すでにドライオーガズムを
経験している場合でも

アナルの拡張を行うことで
さらに深いオーガズムを感じられたり。


快感の質や幅が広がるようになります。


例えば、アナルフィストなんかができるようになれば
アナルにある複数の性感帯を

一度に一気に刺激することができます。

今まででは味わえないほどの
強烈なオーガズムを味わえたりします。


このページでは、アナルフィストができる
7センチまでの拡張を目標とします。

※アナルフィスト
⇒アナルに拳を入れること


ただし、アナル拡張ではデメリットがあります。


アナル拡張のデメリット


1.便を我慢する力が弱くなる

アナル拡張を行うことで、腹下しのときなど。
便を我慢する力が弱くなります。

どうしても拡張を行わない時よりも、
便が漏れやすくなってしまうのは避けられません。


ただ安全に行えば、お腹が緩くなくて
正常な時に漏れるなんてことはありません。

あくまでも、お腹が緩い時に。
今よりも、漏れやすくなってしまうという程度です。


2.肛門括約筋裂傷のリスク

一番怖いのが、肛門括約筋が使えなくなってしまうことです。

もしも、肛門括約筋が使い物にならなくなった場合。

便が垂れ流しになってしまって、
一生、人工肛門で過ごさなければ行けない場合があります。


ただ、7センチまでの拡張であれば
安全に行えば人工肛門に
なることはまずないので安心して下さい。


・焦って早く拡張しようとする
・痛みを我慢して無理に拡張する


これらのことは、絶対に行わないでくださいね。

焦らずに、ゆっくりと拡張していきましょう。



目安としては、


4センチの拡張

アナルファックやディルドズボズボと
刺激出来るようになるには

だいたい1~2ヶ月ほどかかります。



7センチの拡張

フィストができるまでは2年ほどかかります。


気長に待ち構えていきましょう。



アナル拡張をする準備


アナル拡張をしていくにあたって、
準備がとても大切です。

アナル拡張に必要な道具なんかはこちらも参照して下さい。

ドライオーガズム(アナニー)にあると役立つ道具


・アナル用ローション
・浣腸に必要なもの
・ニトリル手袋
・アナルプラグ
・ペットシート

これらのものがあると便利です


アナルの筋肉をほぐす


アナル拡張をするときには
肛門括約筋を傷つけないように。

お風呂に入って温める。
お風呂の中で、外からマッサージをする。
アナルの内側からも指でマッサージをする

といったように。


念入りなマッサージをすることが大切です。

マッサージを行うことで
肛門が切れてしまうことを防ぐことと。

効果的なアナルの拡張ができます。



アナル拡張に必要な道具


では、アナルの拡張に必要なアナルプラグについてです。

~4センチまで

私のおすすめは、
ボス・シリコンベーシックスです。

ボスシリコンベーシックス
アナルプラグというと、
根本は細くなっているものが多いのですが。

ボス・シリコンベーシックスの場合は
根本も太くなっています。


そのため、アナルの根本も開きっぱなしになるので
アナルの拡張が効率的に行われます。


一番、小さいサイズは2.5センチですが。

初めてアナル拡張をやる場合でも
無理のないサイズです。

なぜなら、いつも出している便と同じくらいです。


出しているサイズと同じなので入らないことはないです。



ボス・シリコンベーシックスで、
4センチまで拡張すれば

アナルセックスも問題なくできたり
大抵のディルドは入るようになります。


ボス・シリコンベーシックスの詳細はこちら
ボス・シリコンベーシックス




~4.5センチまで

4センチを超えると急に種類が少なくなってきます。

やはり、アナルファックを目指す人が多いからでしょうか・・・。


こちらのアナルプラグであれば、
Lサイズが4.5センチになっています。

ラン・ベリー アナルプラグ
ラン・ベリー アナルプラグ




~5.2センチ

続いて、こちらが5.2センチになります。

ラン・ベリー アナルプラグのLサイズの
次のステップにおすすめです。

TOF シリコンアナルプラグ Mサイズ
TOF シリコンアナルプラグ Mサイズ



~6センチ

次に最適なサイズのアナルプラグがこちらです。
6センチのアナル拡張です。

徐々に広がっていくフォルムなのがいいです。

エイナスストッパー
エイナスストッパー




~6.5センチ

さて、いよいよ大詰めです。
7センチまであと一歩の6.5センチです。

こちらの、下から2番目のサイズが6.5センチです。

ボス・シリコンストッパー(Ⅴ~[)
ボス・シリコンストッパー(Ⅴ~[)




~7センチ

ちょうど、目標とする7センチのサイズがあります。

こちらの小さいサイズが7センチです。
ちなみに、大きいサイズは10センチだそうですw

エイナスストッパー 第3弾
エイナスストッパー 第3弾




アナル拡張のやり方


では、アナル拡張のやり方について説明をします。

ステップ1:腸内洗浄をする

はじめに、腸内洗浄が大切です。

もしも、直腸に便があった状態で
アナルプラグを入れてしまうと。

便が逆流してしまって、体調面で問題があります。

アナル拡張を行う時は、腸内洗浄は怠らないようにして下さい。



ステップ2:アナルをほぐす

腸内洗浄が終われば、アナルをほぐしていきましょう。

お風呂に入って温めたり。
外側から指でマッサージをしたり。

アナルの中からも、筋肉をほぐしていきましょう。



ステップ3:無理なく入るプラグから始める

アナル拡張を行うときには、
広げていかずに無理なくはいるプラグから始めていきます。


ステップ4:少しずつ拡張を始めていく

そして、少しずつアナルプラグのサイズをあげていきましょう。

痛いと思ったら、それ以上は入れないようにして下さい。


アナル拡張は痛みを我慢して続けるものではありません。

アナルの筋肉を入れずに、
ゆっくりと地道に拡張を続けていきましょう。



そして、アナルプラグが入ったら
リラックスした状態を続けて
入れっぱなしにしてみましょう。


もしも、入らないと思ったら。

サイズを下げて、無理なく入るサイズで
歩いてみたり少しの時間日常生活を送ってみて下さい。

アナルプラグをいれたまま歩いたりすることで、
アナルがじわじわと広がるようになります。


アナル拡張に必要な休息期間



さて、アナル拡張を行うことで
血液はでていなくても細胞レベルでみれば

アナルが裂けていたり、傷ついています。

そのため、裂けた細胞を回復させるために
休息期間をしっかりと設けるのが大切です。

アナル拡張⇒回復⇒アナル拡張


の、繰り返しが大切です。


早く広げたいからといって、
毎日やらないようにして下さい。



では、適切な休息期間はというと。
だいたい3~4日程度が理想的です。


4日に1回のペースでアナル拡張を行っていきましょう。


また、もしもアナルが出血するほど裂けた場合は
長めの休息期間が必要です。

傷の程度にもよりますが、
1週間から10日は様子を見て下さい。



まとめ


アナル拡張を行うことで
快感の幅がグンと広がります。

ただし、リスクもあるのでくれぐれも
無理はしないようにゆっくりと拡張していきましょう。


以上、宮本でした^^