ガナニーとは

こんにちは、宮本です。

少し前ですが、2ちゃんねるにて
話題になったオナニーで

ガナニー

と、言うものがありました。


めちゃくちゃ気持ちいいオナニーを発見した!

と、意気揚々にスレッドを立ててた人がいました。

失神するくらい気持ちいいと語っていました。



その、ガナニーのやり方なのですが。

特別な道具も技術一切いらない
勃起するとチ●コの裏の金玉付近でゴツゴツしてる所あるの分かる?
まずはそこを探してほしい


このように語られていました。


そして、ゴツゴツしたものをイジると
失神するくらい気持ちよくなると話していました。



探してみればわかると思うのですが、
ペニスにゴツゴツとしたものなんてないんですよねww


スレッドを見ていた人みんなが
”ゴツゴツしたものってないぞ”
と、困惑気味になっていました。


そのうち、スレッドを見ていたひとりが
「もしかしてそれって、腫瘍なんじゃ・・・」

と、口にしました。


そろそろネタばらししますが、
その人がオナニーに使っていたのは
腫瘍(ガン)だったんですね。


ガン細胞を使ったオナニーとして
”ガナニー”として有名になりました。


人のペニスって見ることがないので
自分のが普通の形状だと思いがちですよね。

なので、ゴツゴツしたものは普通ないのですが
みんなもあるものだと思って語ったみたいですね。


普通の人にはできないオナニーなのですが
腫瘍をイジると失神するくらい気持ちがいいんですねw



スレッドを立ててた人は、
自分がガンだったということで
最後のほうが意気消沈していましたが。

2ちゃんねるで”ガナニーを発見した”と
スレッドをたてなければ

転移したり、手遅れになる可能性もあったので
2ちゃんねるのおかげで大事には至らなくて良かったなと思いますね。



失神するくらいの気持ちよさということなので。

自然治癒するぐらいの、
良性の腫瘍なら出てきてほしい気もしますね。


ガナニーより気持ちがいいドライオーガズム

さて、ガナニーは普通の人にはできないですが。

ドライオーガズムであれば
失神するくらいの快感を得られます。

こちらより、期間限定にてドライオーガズムの
ノウハウを配布しています。

あなたがもし”失神するくらいの快感”を
体験したければ是非手に取ってくださいね。

ドライオーガズムへの6つのルート